6フィギュアスケート元世界女王の安藤美姫(25)が1月1日付けでトヨタ自動車を退社していたと自身の公式フェイスブックで、所属契約満了が完了したことを報告した。

「退社の理由は社員としての義務を果たすことができなかった事らしい。06年から毎年契約を更新しながら社員スケーターとして歩んできたが、11、12年と連続して公式戦に出場することができなかったことが社員スケーターとしての義務の欠如」という考えに至った。

トヨタ自動車側からはソチ五輪までのなんとか支援したい意向だったが、やはり公式戦出場がかなわなかったため今回の決断となった。

安藤はメッセージの中で、06年の全日本選手権でケガをした時、新入社員のみなさんが贈ってくれた千羽鶴と寄せ書きには大変励まされたし感動し宝物であり、またに、バスを連ねて応援にきてくださった社員のみなさんの応援頂いた10年の長野での全日本フィギュアスケート選手権についてはみなさんの応援のおかげで優勝できたと感謝の言葉を語った。来季も応援してくださったみなさんに感謝をし、試合に出場するつもりです」とし、引退については触れることはなかった。