日本人ダンサーのEBIKENこと海老名健一さんが
「アメリカズ・ゴット・タレント」America’s Got Talentに出演し
バカ受けされたのをご存知だろうか。

その時の映像を確認してください。
陪審員はどうせろくなもんじゃないだろうという
懐疑的な目でみているが彼がダンスを始めた途端、
全ての人が彼のダンスに引き込まれ、
観客は度肝を抜かれんばかりの拍手喝采。

ロボットダンスにマトリクスを取り入れた
ダンスパフォーマンスで観衆を魅了し、
やり切ったEBIKEN

審査結果は

見事優勝!!

その後、全米で話題となり
全米一すばらしいタレントに選ばれました。

それから半年遅れて
2014年

日本で大ブレークの予感
ダンス通の方は要チェックです。

…………………………………………………………………….

ウィキ:蛯名健一(EBIKEN)
1994年に留学の為渡米し、在学中に趣味としてFreestyle Hip-Hopダンスを始め、Poppin’, Lockin’, House, Jazz, Contemporary, パントマイムや民族舞踊など、様々なジャンルのダンスを独学で学ぶ。ダンス以外にもイリュージョン効果のある効果音や手品、映像などを使ったユニークなEBIKENのショーはダンスや舞台芸能に興味のない人にも楽しまれている。大学卒業後2001年に、ニューヨークの日本人のダンサーを集め、BiTriPを創設し、マイケルジャクソンやジェームスブラウンなどトップアーティストの登竜門として有名なNYハーレムのアポロシアターで毎週水曜日に行われている元祖アマチュアナイトで2001年度に史上日本人初の年間総合チャンピオンを遂げる。
EBIKENサイト