G20140308007732890_thum
ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は7日、ノルウェーのトロンヘイムで個人第25戦が行われた。41歳のレジェンド葛西紀明(土屋ホーム)が135・5メートル、132メートルの合計261・4点で、今季6度目の表彰台。3位に入った。これを受けて、葛西は「ヤッター!!」と題してブログを更新、「表彰台に上がったぞーーー!!!」と歓喜した。

Sponsored Links

ワールドカップの総合優勝を狙っていた葛西だが、今回の3位で葛西の総合得点は927点で現在のところ4位。トップのカミル・ストフ(ポーランド)は1260点で、残り3戦で333点差を逆転不可能になり、優勝の夢は消えた。