毎年、花粉症に悩まされるあなた、薬はどうしてますか。「病院に行って薬を処方してもらう」「市販の薬で対応する」どちらかだと思いますが、なかなか根本的な改善にはなりませんよね。花粉症患者も毎年増え続けているようです。ではいったいどんな薬があるのか、人気順に見てみましょう。

Sponsored Links

【処方薬】
1.ザイザル
2.タリオン
3.アレグラ
4.アレロック
5.クラリチン
6.セレスタミン
7.エバステル
8.アレジオン(エビナジオン、エビナスチン)
9.ジルテック
10.オノン

【市販薬】
1.アネトンアルメディ
2.アレグラ
3.ホノビエン
4.パブロン鼻炎カプセルS
5.アレジオン10
6.ストナリニS
7.スカイナーAL
8.鼻炎薬クニヒロ
9.コンタック
10.ビエンリック

「処方薬」も「市販薬」も1位人気が
ダントツ利用率が高く、効果も高いようです。

【処方薬1位のザイザルとは】
ザイザルは、グラクソスミスクラインの製品で
特徴としては、吸収がよく、早く効くという評判
薬効が24時間続き、ジルテックの2倍の強さが
あるとされている。

【市販薬アネトンアルメディの特徴】
鼻づまり、鼻水への効果成分として
漢方成分が使われています。
また、カフェインが配合されており
鼻炎薬で良く起こる眠気の副作用が
少ないのが特徴。

ちなみに私は、コンタック600を飲みます。
1時間ぐらいするとちょっとぽわーとしてきて
目や鼻がすーっとしてきて、鼻水が止まります。

【スギ花粉の飛散時期】
その年にもよりますが、
大体、2月下旬から3月にかけてが飛散量が多く、
ピークは3月になることが多い。
この時期、スギ山では大量のスギ花粉が飛んで
一面に黄色い霧がかかったような状態「花粉雲」
になり、それを見ただけで鼻がむずがゆくなる。

【ヒノキ花粉の飛散時期】
スギ花粉についで被害が多いのがヒノキ花粉
飛散時期は、早ければ2月下旬から始まり
ゴールデンウィークごろまで飛散すると
言われています。

おおよそ、スギ花粉から半月から1ヶ月
遅い時期に飛散します。

毎年、花粉症がひどく
もう何十年も悩まされている方には
こんな方法もありますので
参考にしてみてください。
ネット上で結構評判になってるようです。

下記から詳細を確認↓クリック