浅田真央が引退宣言をしてからまもなく1年が経とうとしている。その理由はなんだったのか。引退宣言をしたときの浅田真央は22歳、「早すぎる」「2018年のピョンチャンまでできるはず」などの声が上がっていたのを覚えている。

 

 

Sponsored Links

浅田はその時、
「来期が集大成」
「引退の理由はひとつではない」と語り
最大のきっかけを語ることはなかった。

・ジャンプ技術を取り戻すための過酷な日々
・満を持した、世界選手権でトリプルアクセル失敗
・対等の選手が3回転ー3回転を軽々と跳び始めた
・腰の持病が悪化

など、いろいろあるのは確かである。

【フィギュア選手の寿命は】

以前、浅田真央が尊敬する伊藤みどりが
「肉体的にも精神的にも、女子フィギアスケート選手が
一番輝くのは19歳」と言っており、そんな言葉も
浅田の脳裏にはあるのかもしれない。

浅田が引退宣言をしている年齢が23歳
伊藤みどりは、23歳になる年に引退
荒川静香は24歳で引退

日本では、大学卒業とともに引退し
その後、就職、社会人へとなるパターンが多い。

世界で見ると
長野五輪金メダルのタラ・リピンスキーは15歳
ソルトレイクシティ五輪金メダルのサラ・ヒューズは
16歳と早くに引退をする選手もいれば

マリア・ブチルスカヤのように26歳で
世界チャンピオンになって引退をした選手もいる。

いずれにしろ、1番になって輝かしい功績のまま
引退するものが多いかなという印象。

浅田真央は、世界選手権では何度も優勝しており
輝かしい成績は残しており、いつ辞めてもおかしくない

あとは、自分の中での世界一が達成されれば
躊躇なく引退するだろう