スポーツの記事一覧

ダウンロード (11)浅田真央が引退すると後継者って誰になるのでしょうか。順当にいけばソチ五輪、2014年の世界選手権ともに浅田と同じく出場している村上佳菜子ということになるだろうが、村上佳菜子がトリプルアクセルを跳べるわけでもなく、伊藤みどりの後継者が浅田真央であったというような厳密な後継者にはなり得ない。
「浅田真央 引退後の後継者は村上佳菜子か」の続きを読む »

フィギュア

浅田真央の引退宣言を受け、スケート連盟が最後の金稼ぎとも言える浅田の使いっぷりがすごい。浅田の世界選手権後のスケジュールを見ると異例としかいいようがない浅田真央を使っての金稼ぎが見て取れる。まだギャラの安いアマチュアの浅田の名を使い、収益を最大化したいのだろう

 

 

「浅田真央の引退にスケート連盟の策略が見える」の続きを読む »

フィギュア

昨年から引退宣言をしている浅田真央。2014年の世界選手権の世界最高得点を叩き出し、心境の変化があったのか。16位に終わったソチ五輪のショートそして完璧なソチでのフリーそんな浅田を見る海外選手の反応も継続を望んでいるかのようだ。

 

 

「浅田真央 引退宣言 海外の反応は?」の続きを読む »

フィギュア

清原の薬物使用事件から何日かが経過し、じょじょに収束に向かうかと思われた3月26日に週刊文春から清原の薬物使用は巨人時代から常習していたとの新事実が掲載された。これが本当なら清原だけにとどまらない大きな波紋が広がりそうな大事件だ。

【週刊文集の記事】
週刊文集によれば、清原は巨人時代から
アンフェタミン系のグリーニーを
コーヒーに入れて服用していたらしく
眠気を抑え、腹が減らず、集中力を増す効果
を得ていたとのこと

清原は、覚醒剤歴がある元チームメートの外国人選手に
メールで覚醒剤を催促したと記事に掲載されている

そのチームメートいわく
清原は1998年ごろから薬物をやっていて
2005年のオリックス移籍時には
相当な常習犯になっていた
とのこと

Sponsored Links

【清原と暴力団の関係】
週刊文集には、薬物使用の記事以外に
清原と暴力団の関係を掲載

清原は複数の暴力団関係者と親密な関係にあり
薬物と黒い関係を同時に掲載され

今後の芸能活動への影響が懸念される。

もちろん清原は、これらの一連の掲載・報道に対し
反論をぶちまけている

ただ、週刊文集サイドはまだ隠し持っている
清原ネタがあるらしく

清原は間違いなく
窮地に追いやられた形だ。

野球

yjimage (2)清原和博が薬物で入院の報道が週間文集に掲載された事件って本当なのか、気になるところだ。事務所側の発表は「糖尿病」としている。でもいろいろなところで、どうやら事実らしいというほうに傾いてきている。
ぼくとしては、同年代で同郷なので噂であってほしいのだ

【PL学園の後輩本木が語る】

PL学園の後輩であり、ジャイアンツでも
チームメイトとして側近である本木いわく
「キヨさんとは仲がよく、電話も頻繁にかかってきます。
で、夜中にかかってくることがあり、酒に酔ったレベル
ではないぐらい、ろれつが回らない酔い方で
何を言っているかまったくわからないことがあった」

とのこと。

ということで、入院前からの
清原の行動に異変があったことは
確からしい

いらんこと言うなって ほんまって感じだ。

Sponsored Links

【清原の妻も語る】

妻の亜季さんも、清原の行動の異変を
語っており、
「夫の様子がおかしかった。以前より
暴力的になり、刃物を持って追い掛け回された
こともある」
って言ってたらしい。

ほんまでっか?

【薬って何】

清原が、やっていたのではと噂されるのが
アンフェタミン系興奮剤の「グリーニー」
覚せい剤と同等の効果があり

飲むと眠気が飛び
お腹が減らなくなり
集中力が増す

などの効果があるらしい。

【グリーニーって何】

グリーニーなんか一般の人は知らないですよね
グリーニーって薬のカテゴリーっていうか総称で
グリーニーも4種類に分かれている

「フィナステリド」
筋肉増強剤の使用を隠す効果があり
育毛剤として使われる

「クロベンゾレックス」
興奮剤

「アンフェタミン」
興奮剤

「パラヒドロキシアンフェタミン」
興奮剤

まー全部興奮剤ですね。
ちなみにグリーニーの使用は
日本じゃ覚せい剤取締り法で
覚醒剤にしていされているんじゃ

野球

G20140308007732890_thum
ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は7日、ノルウェーのトロンヘイムで個人第25戦が行われた。41歳のレジェンド葛西紀明(土屋ホーム)が135・5メートル、132メートルの合計261・4点で、今季6度目の表彰台。3位に入った。これを受けて、葛西は「ヤッター!!」と題してブログを更新、「表彰台に上がったぞーーー!!!」と歓喜した。

「葛西紀明 W杯6度目の表彰台3位」の続きを読む »

スポーツ

scr14030808300000-n1

サッカー女子の国際親善大会、アルガルベ・カップ。1次リーグB組第2戦、3月7日になでしこジャパンはデンマークを1-0で下し、1勝1分けの勝ち点4とした。2011年女子ワールドカップ(W杯)優勝の日本代表「なでしこジャパン」は前半43分に岩渕(ホッフェンハイム)が決勝点をゴ~~~ル。 「なでしこジャパン デンマークを下し1勝1分け」の続きを読む »

サッカー

20140207-00000095-spnannex-000-1-thumb
ソチ五輪がいよいよ始まりました。私の白馬の友達の後輩、モーグルの上村愛子にはぜひがんばっていただきたい。予選での滑走は持ち味のカービングスケーティングをいかしたスピード感あふれるすべりで、エアーも難なく成功。予選は7位で突破した。

1994年、白馬中学校2年生時にカナダのウィスラーへ旅行した際、モーグルスキーブラッコム大会を観戦してロシアのセルゲイ・シュプレツォフの滑走を観戦、また、頭角を顕しつつあった「テディベア」の愛称を持つ里谷多英の滑走を観戦し、感銘を受け帰国後アルペンスキーからモーグルへ転向する。
1995年、長野県立白馬高校に進学、スキー部に所属。自身2度目となる全日本選手権に参戦し3位入賞、全日本スキー連盟(SAJ)ナショナルチームメンバーに選抜されている。
2009年6月11日、アルペンスキー選手の皆川賢太郎と結婚しています。今回の出場を決意したのも、夫の「やっぱりうまいね」という何気ない言葉からの決意らしい。

ソチ五輪