健康ニュースの記事一覧

2014-06-17_161817【自然 食 研 の しじみ 習慣】
これから夏場に向け、お酒の誘いが増える時期がやってきました。ビヤガーデンにビヤホールなど、やっぱりビールですね。で、夏が終わるころに身体はボロボロ。

これが毎年同じの恒例行事になってませんか。

 

そんなあなたには、今年は、ちょっと気を使ってほしいという
お願いです!!

あなたはこんな悩みがありませんか

・お酒の付き合いが多い
・休肝日が必要だと思っているができない
・いつまでもパワフルでいたい

なら、運動をしましょう

毎日、早起きしてウォーキングかランニング
週末もしかり

これを1年間ぐらい継続すれば、多少あなたは
パワフルになれるでしょう

「いやいや、そんなの無理だってば」
そう思ったに違いありません。

私もそんな”しんどい”割りに効果がないことはするわけがない

で、今、注目されているのが(というか再認識)「しじみ」なのです。

昔は、食卓にのぼることが多かった「しじみ」
でも今は、まったく食さない。

忘れかけている「日本の食の知恵」を再認識し
毎日、無理なく「しじみエキス」を摂取できるように
開発されたのが、

「自然食研のしじみ習慣」

自然食研のしじみ習慣は、濃縮された「しじみエキス」を
サプリメントに閉じ込めた無理なく、毎日飲める健康品

これなら続けられそうです。

【購入者のレビュー】
●「夜のお付き合いが続いても、これがあれば頑張れる」(静岡県 40歳 男性)
●「友人に『きれいになったね』と褒められました」(大分県 46歳 女性)
●「しじみ汁を手軽に摂れるので家族全員の習慣になりました」
●「大好きなお酒を楽しめるのは、毎日健康だからですね」(静岡県 46歳 男性)
●「単品購入だけのはずが調子が良く、飲み続けたくなった」(福島県 52歳 男性)

決意のある方は下記を確認
↓ ↓ ↓
しじみ習慣

健康ニュース

2014-06-17_140955【協和発酵バイオ オルニチンの効能】
46歳の晋三は、毎朝、昨日の仕事・アフター5の疲れを感じていてスッキリしない。
そのため、午後の会議も集中ができない。かといって、病院で見てもらうほどのことでもないし、しかたなく、週末に軽くウォーキングで汗を流す、運動による健康回復をこの数ヶ月続けている。

 

が、しかし、なかなか毎朝の倦怠感改善されることなく、未だに続いている。

もっと、運動が必要なのか?
それとも、改善方法が間違っているのか

本当は、仕事も遊びもパワフルに活動したいと思っている晋三
とうとう行き詰ってしまう。

これは、加齢による代謝機能低下による回復機能低下によるところが大きい
人間の身体の約20%はアミノ酸で支えられています。

タンパク質を構成するアミノ酸は、健康維持はもちろんのこと
美容などのさまざまな分野で活躍する栄養成分。

そのアミノ酸の中でも、遊離アミノ酸と呼ばれるのが「オルニチン」
オルニチンは通常のアミノ酸とは異なり、タンパク質にはならずに
肝心な部分に直接働きかける特別なアミノ酸。

オルニチンってどんな食材に含まれているのか。

ずばり、「しじみ」なんです。

昔を思い出してください。
幼少のころ、朝食に必ず出てきた「しじみのお味噌汁」

すごくおいしかった。

実は、このしじみにオルニチンはたくさん含まれています。

しじみは「お酒を飲んだ後にはしじみがいい」と昔から言われている
なじみの深い滋養食材。

これを毎日食べれば、加齢の進んだ晋三も毎朝がパワフルになることは
間違いありません。

昔の人は、身体にいいものをよく知っていました。
おばあちゃんの知恵袋を参考にすればいいのです。

だだ、毎日しじみを食べるのも、最近は大変です。

そんな時に便利なのが、協和発酵バイオのオルニチンなのです。
協和発酵バイオ

協和発酵バイオのオルニチンなら、無理なく
毎日、しじみのオルニチンを摂取することができます。

しかも、
協和発酵バイオのオルニチンは売上日本NO.1の実績
安全・安心なオルニチンサプリメントなのです。

詳細はコチラから
↓ ↓ ↓
協和発酵バイオ

健康ニュース